読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電波女と呼ばないで

体内に蓄積された毒電波を吐き溜める場所

そして宇宙死ね

この世に悪がはびこり
精神が絶望に侵され
自らの首を吊り
隣人へ包丁を突き立て
札束で愛欲を満たし
データをすり替えて改竄し
他人を目線で蹴っ飛ばし
偽善者の仮面をかぶり
その下で弱者を嗤い
我先と座席の確保に走り
路傍に麻薬を投げ捨て
化学調味料を貪り
醜悪な本性を電子に載せ
無知の剣を振りかざし
孤高を鼻であしらい
ありもしない自己の実現に拘り
他者からの承認をねだり
飛び出る杭を憎悪で打ち込み
無難なパステルカラーで個性を塗りたくる──





この病んだ宇宙の生活に
わたしはもう疲れました


地上に降り注ぐ宇宙線
身体の中の魔法素子(マヌス)とぶつかって
わたしのこころに悪影響を与えます


この宇宙は病んでいます
ビッグバンによって<神>が死んだからです


わたしはもう駄目でしょう
精神が絶望に浸り過ぎてしまいましたから
死に至る病にかかってしまいましたから


せめて愛があれば…
あの人がちゃんとわたしのことを愛してくれれば
まだ救われたかもしれないのに…


さようなら
さようなら


何もかも、さようなら


そして宇宙死ね


広告を非表示にする

終わりなき終わりの始まり

モノクロームの森林が
沈黙の砲声を響かせながら
幽遠な次元の彼方へ向かって
悲愴な想いを伝播する



物憂い風が空を撫で
虚飾に満ちた磁場空間を
情理を超えた眼差しで
包み込むように愛撫する



三つ目をした羊アタマの獣人たちが
滋味のない荒んだ大地を
羊水を求めて
這いずり回る



響き渡るは天使の歌声──



個我に囚われし哀れな者たち
その欲望は誰のもの?
快楽の果てに何があるのか
なーんにもなーんにもありゃしない



生と死とはポジとネガ
生は死へ至る旅路に過ぎぬ
死は次なる生への通過点に過ぎぬ
そこに意味などありゃしない



さまよえさまよえ
どこへ行こうがおんなじさ
終わりなき果てに向かって
生死の輪廻を掻き回すがよい



アハハハハハハハ──


誰からも必要とされていない感

わたしは何のために存在しているの?
誰のために生きているの?



わからない。



わからないよ。



わたしは誰からも必要とされていないし、
誰からも生きていて欲しいと思われていない、



──ような気がする。



たぶん。



わたしが存在することで誰かが得するわけでもないし、
むしろわたしが存在することで周囲の人間に迷惑をかけている、



──のではないだろうか?



おそらく。



わたしが会社に居られるのは労働力との等価交換なのであって、
わたしの存在そのものが受け入れられているわけではない、



──と思われる。



おおかた。



わたしが誰からもまともに相手されないのは、
わたしがろくすっぽ何にも出来ないから



──なんだろうな。



Maybe.






ああ、なんだろう。



この誰からも必要とされていない感は。



わたしが存在するということ。



その事実によって、世界に亀裂が入っているのかもしれない。



わたしは呪わしい存在なのかもしれない。



私という存在があることで、この世界は少し歪んでしまったのかもしれない。



量子的もつれが生じてしまったのかもしれない。



わたしは、一体・・・






どうせわたしがいることで誰も得しないのならば、



むしろわたしは居なくなってしまった方がいいんじゃないかな?



そうすれば世界は良くなるかもしれない。



わたしが消えることによって、何らかの因果の鎖が解けて、



誰かの笑顔がよみがえるのかもしれない。



量子もつれが解消するのかもしれない。



世界は収束して、全てがまるくおさまるのかもしれない。






──いいや、それはないか。



どうせわたしは日陰者。



因果律に影響を与えるほどの存在感もないんだわ。



ああ、哀し。



こうして憂鬱な一日がまた終わる。


わたしのこころは冷蔵庫

わたしのこころは冷蔵庫
ひんやり冷たく
中は空っぽ


思い出はみんな生野菜
カビて腐って
黒くなって…


しなしなになった大根は
わたしの性根を
よく表す


鼻をつんざく腐乱臭
わたしのこころは
ご臨終


賞味期限が切れているのは
食べ物よりも
わたしなの


アハハハ
アハハハ…


今日もあの人との思い出を
冷蔵庫に入れて
保存するの


どんなに腐ってしまおうが
それがなければ
駄目だもの


わたしのわたしの
大事な大事な
黒歴史──


だもの


漏洩

もう我慢の限界


何もかもが己の殻を破り捨てて


中心無き根源へと


漏れ出ていく


言葉の網の目の間隙から


言いようのない<ソレ>が


処女膜を食い破って


顕現する


終末の彼方の地平が


メビウスの輪のように


無限ループして


終わりなき夢のまた夢が


網膜の裏側を駆け巡る


混沌の始原への回帰に


世界は恍惚として悦楽に浸り


邪なる境界の民どもが


淫靡な饗宴に耽溺する


漏洩した憎悪の洪水は


ノアの方舟さえも呑み


あらゆる意味は剥奪され


すべてが指向の乱反射と化す


この病んだ迷宮を脱出するには


あらゆる現象を否定しなければならぬ


全否定の後に残るは、清澄なる水鏡


そこに映る己が姿の浅ましさよ


──汝、自身の底を掘れ


深奥の虚無を克己せよ


さすれば汝、永遠の安らぎを得ん


広告を非表示にする