電波女と呼ばないで

体内に蓄積された毒電波を吐き溜める場所

心のしっとり感

わたしの心を持ち去った罪で
あの人は裁かれればいい。



乙女の純情を踏みじった罪で
あの人は罰せられなければならない。



わたしはたくさんの時間を
あの人のことを考えるのに費やした。



その分の時間を
あの人はわたしに返さなければならない。



でも、過ぎ去ってしまった時間は
もう元には戻せない。



だからあの人はわたしに
いくばくかのお金を渡さなければならない。



そうしてくれないとわたしは…
わたしはどうかしてしまいそうだ。



涙で頬の湿度を上げるのはもう嫌だ。
しっとりとした潤いは肌だけでいいの。



心がしっとりしてしまったら
わたしはグショグショになってしまう。



いや、もうなってる。



だからいい加減、あの人はわたしに
慰謝料を払うべきなのだ。



それか、ちゃんと謝罪して
そして、その温かい腕の中で



わたしの心の湿気取りをしてくれたら…
その時はすべてを許してあげても…



──いい、かも。

広告を非表示にする