読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電波女と呼ばないで

体内に蓄積された毒電波を吐き溜める場所

時間疎外

己の魂を
時の支配者
  売り渡すということ



無味乾燥な
 秒針の流れの中に
  心の在り処を見出だすということ



それが
 大人になる
  ということなんですね、先生



時は魔法
 魔法は時の変換
  時の深層より萌え出ずる精神



存在と、時間──



ああ
 哀れなりアワレナリ
  己の<時>が薄らいでいく…



分刻みに
 切り裂かれ
  みじん切りにされた心…



心臓は
 腕時計に
  取って代えられてしまった



権力は
 時計の時刻表示の中に
  人々は<時>の失われた機械人形に──



そうして
 人々は皆、時計王国の
  隷属民になってしまうのですね、先生



ここには
 魔法はいらない
  魔法を必要とされていない



時間がすべて
 精確な時刻の鼓動が
  この世界のすべてなのよ



わたしもまた
時の支配者
  魂を売らなければならない



<時>を捨てて
 疎外された時間の中へ
  己の精神を忘却の彼方へ──



だからお願い
 魂を売る代わりに
  わたしに幸福を下さい



わたしの魂が
 平凡な幸福と
  等価交換でありますように…


広告を非表示にする