読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電波女と呼ばないで

体内に蓄積された毒電波を吐き溜める場所

誰からも必要とされていない感

わたしは何のために存在しているの?
誰のために生きているの?



わからない。



わからないよ。



わたしは誰からも必要とされていないし、
誰からも生きていて欲しいと思われていない、



──ような気がする。



たぶん。



わたしが存在することで誰かが得するわけでもないし、
むしろわたしが存在することで周囲の人間に迷惑をかけている、



──のではないだろうか?



おそらく。



わたしが会社に居られるのは労働力との等価交換なのであって、
わたしの存在そのものが受け入れられているわけではない、



──と思われる。



おおかた。



わたしが誰からもまともに相手されないのは、
わたしがろくすっぽ何にも出来ないから



──なんだろうな。



Maybe.






ああ、なんだろう。



この誰からも必要とされていない感は。



わたしが存在するということ。



その事実によって、世界に亀裂が入っているのかもしれない。



わたしは呪わしい存在なのかもしれない。



私という存在があることで、この世界は少し歪んでしまったのかもしれない。



量子的もつれが生じてしまったのかもしれない。



わたしは、一体・・・






どうせわたしがいることで誰も得しないのならば、



むしろわたしは居なくなってしまった方がいいんじゃないかな?



そうすれば世界は良くなるかもしれない。



わたしが消えることによって、何らかの因果の鎖が解けて、



誰かの笑顔がよみがえるのかもしれない。



量子もつれが解消するのかもしれない。



世界は収束して、全てがまるくおさまるのかもしれない。






──いいや、それはないか。



どうせわたしは日陰者。



因果律に影響を与えるほどの存在感もないんだわ。



ああ、哀し。



こうして憂鬱な一日がまた終わる。