読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電波女と呼ばないで

体内に蓄積された毒電波を吐き溜める場所

日はまた昇る──憂鬱とともに

朝、目が覚めると
そこにはいつもの部屋があって
使い古したベッドの上にいて
否応なしに
また現実が再生されていることを
突きつけられて
愕然となり
あぁ、さっきまで見ていた夢は
なんだったんだろうかと
ぼんやりとした印象しか
もはや思い出すことのできない
昨晩の夢の内容に思いを馳せては
どうして現実はどこまでいっても
どうしようもなく
同じように続いていくのだろう
続いていくしかないのだろうと
しばらく考えて
できるだけまどろみから覚めるのを
先送りにして
一日がちょっとでも短くなるように
祈りながら
毛布という聖母の温もりの中で
自分自身を抱いて
このまま陽が沈んでしまえばいいのにと
思うけど
この現実世界は本当に
救いようのないほど徹頭徹尾
自然法則に支配されており
時計の針が馬鹿真面目に
時を刻んでは
勤労の義務の履行を
促してきやがるので
仕方なしにベッドから
起き上がってみるけど
いきなり立ちくらみがして
視界が真っ青になっていくのを見て
やっぱり今日会社行くのやめようかな
どうしようかな
いやダルいとかそういうんじゃなくて
いやそれもあるけど
実際ちょっと具合悪く感じる気が
しないでもないし
あ、無理だわ
うん無理だ
今日会社行けないわ
trrrrrrrr
ガチャッ
『す、すいません。ゴホッ
ちょっと昨晩から具合がゴホッ
悪くなってしまってゲホッ
申し訳ないのですがガハッ
今日は会社をグエェ
休ませてもらいますゲェーッホ』
て言おうとしたけど
やっぱ会社の人たちから
疎まれるのが嫌だから
結局着替えて
朝ごはんを食べてしまい
どうにも動かすことのできない現実に
苛立ちながら
なんで夢の世界に
留まることができないのかなぁ
どうして夜眠れば
朝目が覚めてしまうのかなぁ
なんて思いながら
正直、もう目なんて覚まさなければいいのに
寒いんだから冬眠していればいいのに
むしろ永眠したいのに
と思うやいなや
電車の時間に遅れそうなので
さぁ今日も絶望するゾ☆
って自分を慰めて励まして
今日も会社へと出掛けるのでした